2015年08月30日

特集 子どもはなぜ妖怪が好きなのか

3-4-18・特集 子どもはなぜ妖怪が好きなのか

2015(平成27),9

子どもの文化第47巻8号子どもの文化研究所

特集企画を担当し、「妖怪ウォッチをウォッチする」P2〜3を書いた。造形段階での妖怪文化の発展は、子どもが支持することが不可欠だと指摘しておいた。他の執筆者、佐々木高弘「『妖怪ウォッチ』が見た世界」P4〜10、香川雅信「妖怪のせいなのね―『妖怪ウォッチ』のアルケオロジー―」P11〜17、飯倉義之「妖怪とゆるキャラの間―妖怪ゆるキャラから見る現代の妖怪文化―」P18〜23、松波幸雄「現代人の心の闇にひそむ妖怪」P24〜31。

posted by hotta at 17:16 | TrackBack(0) | 編集・取材協力 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月20日

戦争を拒む

1−30・戦争を拒む

2015(平成27),8

子どもの文化研究所

月刊「子どもの文化」誌は毎号7月号と8月号を合同して特集を組み、今回は194ページの単行本並みの特別号である。堀田は編集委員で企画段階から関わってアイデアを出した。執筆は「戦争下での自己実現―『軍神の母』の鈴木紀子の場合―」P85〜92、「戦争と平和に関する紙芝居関連記事」P193〜194があり、堀田ゼミの学生二人が「大学生二人『知覧』へ行く」を執筆している。

posted by hotta at 09:09 | TrackBack(0) | 著書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする