2015年09月14日

宮沢賢治と堀尾青史

3−1−24,宮沢賢治と堀尾青史

2015(平成27),8

阪南市立図書館、阪南市立文化センター(サラダホール)共催で行った「堀尾青史紙芝居パネル展」(8月21日〜25日)に伴って行われた講演会(8月24日午前10時30分〜12時)「宮沢賢治と堀尾青史」に講師として参加。1933年に宮沢賢治は若くして死ぬが、翌年1934年が大凶作で、食堂車から投げられる食料に群がる子どもたちの写真が新聞で報じられる。これに衝撃を受けた堀尾青史が東北まで出かけ、賢治の実弟の宮沢清六に出会う。これがきっかけになって、賢治研究と紙芝居化の堀尾の仕事が始まったことを語る。

Photo

posted by hotta at 07:12 | TrackBack(0) | 講演・学会発表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月13日

アスニーセミナー 都市の怪異の歴史と民俗〜崇徳院をめぐって〜

3−1−23,アスニーセミナー 都市の怪異の歴史と民俗〜崇徳院をめぐって〜

2015(平成27),9

京都市平安京創生館企画展関連講座として、9月11日、生涯学習センター京都アスニーでの講演会講師として参加、受講生は165名。前半は『保元物語』『愚管抄』を使って保元の乱の概略を話し、後半は民俗学的に崇徳院にまつわる「ひとくい地蔵」や「桜塚」「やすらい祭」などに触れた。

Mapseminar

posted by hotta at 09:35 | TrackBack(0) | 講演・学会発表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

心をつなぐ紙芝居 キリスト教視聴覚教育講習会

3−1−22、心をつなぐ紙芝居 キリスト教視聴覚教育講習会

2015(平成27),8

キリスト教視聴覚教育講習会

メルパルク京都で、8月6日に行われた第66回キリスト教視聴覚教育講習会、AVACOワークショップin京都での講演会講師として参加した。キリスト教紙芝居は今井よねから始まって、戦後も副島(そえじま)ハマが出たりと、歴史が長く、AVACOも紙芝居を出版し続けてきている。最近出版された聖書紙芝居『5つのパンと2ひきのさかな』を使いながら、実演のポイントも話す。

Avaco

posted by hotta at 09:33 | TrackBack(0) | 講演・学会発表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

展示 闇からのぞいた平安京〜辻々を妖怪たちが闊歩する〜

3−5−10,展示 闇からのぞいた平安京〜辻々を妖怪たちが闊歩する〜

2015(平成27),6〜11

京都平安創生館

京都市生涯学習センター(京都アスニー)一階にある平安京についての展示施設、京都市平安京創生館での企画展示。会期は6月6日から11月30日まで。共催京都学園大学人文学部歴史文化学科民俗学コースとして、佐々木高弘教授と学生たちとともに企画展示を行った。基本的に平安京で起こった怪異妖怪現象を古典から拾って古地図上に場所を示した。また、国際日本文化研究センターや国立国会図書館等所蔵の絵巻物から関連の図版を展示している。

Yami_0001

002

posted by hotta at 09:27 | TrackBack(0) | 監修、審査 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする