2016年11月03日

紙芝居の可能性を探る

3−6−22,紙芝居の可能性を探る―次世代への伝承メディア―

鬢櫛久美子「紙芝居の可能性を探る―次世代への伝承メディア―」『子どもの文化』第48巻10号、2016・11、子どもの文化研究所

 2016年6月に琉球大学で開催された日本子ども社会学会第23回大会ラウンドテーブルについての報告。沖縄での平和教育に紙芝居が利用されているということで、沖縄市役所市民部平和・男女共同課の平和学習の実践を発表してもらい、討論した。堀田は討論者として参加し、また沖縄市の平和学習コンテンツサイトを検索し、企画実現に協力した。

posted by hotta at 08:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 被引用・参考 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「大妖怪展」を観て

3−2−52,「大妖怪展」を観て

2016(平成28),11

子どもの文化第48巻10号子どもの文化研究所

 2016年7月5日〜8月28日東京都江戸東京博物館、9月10日〜11月6日あべのハルカス美術館で開催された「大妖怪展」を、あべのハルカス美術館まで出かけて報告したもの。これまでの妖怪展が、主に民俗学的文脈で企図されたものであったのに比して、今回は美術史的文脈で企画されていた。それに注目し、年代確定や、イメージ原型の模索など、方法の利点や新味をとりあげた。

posted by hotta at 07:22 | TrackBack(0) | 書評、エッセイその他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする