2007年01月23日

名古屋柳城短期大学フォーラム「紙芝居の魅力と演じ方」

3−2−36.名古屋柳城短期大学フォーラム「紙芝居の魅力と演じ方」

2006(平成18),12
名古屋柳城短期大学研究紀要第28号名古屋柳城短期大学
2006年10月15日愛知県勤労会館小ホールで開催された名古屋柳城短期大学フォーラム「紙芝居の魅力と演じ方」のうち、午前「保育と紙芝居」のシンポジウムが行われた概要。コーディネーター名古屋柳城短期大学教授・鬢櫛久美子、シンポジスト堀田の他に、東京家政大学名誉教授・阿部明子、声優/紙芝居研究家・右手和子、名古屋柳城短期大学附属柳城幼稚園園長・中野早苗。発言要旨は中野「幼稚園の紙しばい風景」、右手「演じる楽しさ」、阿部「『紙芝居』の魅力を生かした保育」、堀田「紙芝居の魅力について」。後にディスカッションと質疑応答を附す。

posted by hotta at 14:35| Comment(0) | TrackBack(1) | 書評、エッセイその他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/447449293

この記事へのトラックバック

名古屋柳城短期大学フォーラム「紙芝居の魅力と演じ方」
Excerpt: 2006年10月15日愛知県勤労会館で行ったシンポジウムの記録ができてきた。当日
Weblog: What's new
Tracked: 2007-01-23 14:42