2007年08月08日

紙芝居全科―小さな紙芝居の大きな世界―

1−18・紙芝居全科―小さな紙芝居の大きな世界―

2007(平成19),8
子どもの文化研究所
月刊「子どもの文化」誌は毎年7月号と8月号を合同して特集を組み、195ページと単行本なみの特別号を出している。今年は「紙芝居」特集で、堀田は36P〜45P「お寺そのものが紙芝居―成田山貞照寺(各務原市内)の霊験記彫刻堂羽目」(西沢英樹、森田寿美麗と共著)、50P〜58P「文化研究としての紙芝居論―これからの研究課題を探る」、108P〜109P「アレン・セイ『紙しばい屋さん』をめぐって」を書き、「紙芝居人名録」の何人かについての記事も書いた。
posted by hotta at 17:18| Comment(0) | TrackBack(2) | 著書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/447449315

この記事へのトラックバック

紙芝居全科
Excerpt: もう7月半ばに出ていたのですが、『子どもの文化』7+8月号「紙芝居全科―小さな紙
Weblog: What's new
Tracked: 2007-08-08 17:18

増刷単行本化
Excerpt: 「子どもの文化」7+8月号が好評で品切れ。増刷単行本化するとの連絡。
Weblog: What's new
Tracked: 2007-11-09 08:53