2008年08月11日

日本文化の人類学/異文化の民俗学

121・日本文化の人類学/異文化の民俗学

2008(平成20),7
法蔵館

小松和彦還暦記念論集刊行会編。堀田は715P732P「『平成狸合戦ぽんぽこ』のなかの百鬼夜行―妖怪のイコノグラフィ」を執筆。サブカルチャーと妖怪研究の接点と本書中に位置付けられている。他の執筆者・発言者、中山和久、橘弘文、本多典子、山泰幸、浮葉正親、宋秀環、松川恭子、村上和弘、手塚恵子、永松敦、川村清志、佐々木高弘、魯成煥、佐治靖、中野洋平、ハイエク・マティアス、松村薫子、松田京子、畑中小百合、金容儀、才津祐美子、真鍋昌賢、丸山泰明、山田朋子、高原豊明、相澤哲、串崎真志、中本剛二、川上郁雄、藤井明子、川森博司、梅野光興、高岡弘幸、香西豊子、安井真奈美、香川雅信、小松和彦。

posted by hotta at 09:30| Comment(0) | TrackBack(1) | 著書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

日本文化の人類学/異文化の民俗学
Excerpt: 『日本文化の人類学/異文化の民俗学』小松和彦還暦記念論集刊行会編、法蔵館がやっと出た。松山から帰ると着いていた。詳しい内容
Weblog: what's new
Tracked: 2008-08-11 09:33