2012年08月03日

人形劇全科―人形劇のひろがりを願って

126・人形劇全科―人形劇のひろがりを願って

2012(平成24),8

子どもの文化研究所

月刊「子どもの文化」誌は毎号7月号と8月号を合同して特集を組み、今回は200ページの単行本並みの特別号である。堀田は編集委員で今回の特集企画「人形劇全科―人形劇のひろがりを願って」の企画会議にも加わった。執筆は京都学園大学歴史民俗学専攻4回生の浦本泰秀とともに「祭と人形芝居」P136139を執筆している。資料編の「日本の現代人形劇人30」「現代人形劇を学ぶための基礎文献501」「わが劇団を語る」なども充実し、現代日本の人形劇の全体像を収めている。

posted by hotta at 15:28 | TrackBack(0) | 著書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック