2012年10月30日

伝説の脚本家鈴木紀子の生涯

3−1―15.伝説の脚本家鈴木紀子の生涯

2,012(平成24),10

能美市教育委員会

石川県能美市寺井に生まれ、戦前の映画界、紙芝居界で女流脚本家として活躍した鈴木紀子について、能美市立博物館が

秋季企画展として「時代を拓いた能美の人々」を開催。プロレタリア作家加賀耿二、高校野球の歌の作詞者加賀大介、相撲の小松山とともに業績が展示された。そのオープニングイベントとして、20121027日には東宝映画「チョコレートと兵隊」を2回上映、28日には鈴木紀子脚本の国策紙芝居『軍神の母』『戦ふ母』、参考作品『チョコレートと兵隊』(国分一太郎脚本)を野間成之、鈴木脚本『安南の浦島』を毛利久美子が演じ、「伝説の脚本家鈴木紀子の生涯」と題して堀田が講演をした。

Photo

20121028レジメ.pdfをダウンロード


 

posted by hotta at 07:52 | TrackBack(0) | 講演・学会発表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック