2013年01月06日

子どもの楽園のしかけ人〜「大阪お伽倶楽部」と高尾楓蔭〜

3−1−16.子どもの楽園のしかけ人〜「大阪お伽倶楽部」と高尾楓蔭〜

2013(平成25),1

箕面市立郷土資料館・箕面市立中央生涯学習センター

4回「近代みのお・幼児教育の源流〜そして平成〜」の第1回、16日を担当。「概要:電車がとおった頃の箕面駅前に、『大阪お伽倶楽部』がありました。箕面動物園内の余興場(翆香殿)や公会堂で、くりひろげられた語る童話、お伽芝居などをつうじ、『絶えることのないこどもの楽園』の創造をめざした、高尾楓蔭の活動をふりかえります。」第2回、畠山兆子「箕面の山は子どもの国〜『箕面家なき幼稚園』と橋詰せみ郎〜」、第3回、布引敏雄「箕面の保育所のはじまり物語〜白島・常照寺保育園と藤原浄信〜」、第4回、橋本真紀「平成箕面の子育て・子育ち事情」。

posted by hotta at 17:25 | TrackBack(1) | 講演・学会発表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/447449394

この記事へのトラックバック

子どもの楽園のしかけ人―「大阪お伽倶楽部」と高尾楓蔭
Excerpt: 連続講座「近代みのお・幼児教育の源流〜そして平成〜」 明治の終わりから昭和の初め、ここ箕面の地に子どもの世界をつくろうと、ユニークな幼児(児童)教育を展開したしかけ人たちがいました。「箕面動物園」を舞..
Weblog: what's new
Tracked: 2013-01-07 15:01