2013年11月29日

日文研国際研究集会「怪異・妖怪文化の伝統と創造」

3−1−18.怪異・妖怪文化の伝統と創造

2013(平成25),11

国際日本文化研究センター

第45回国際日本文化研究センター国際研究集会、11月25日〜27日に招聘された。27日総合討論パネリストとして発言。説明装置としての妖怪が機能せず、オカルトの言葉しかない事態、幽霊化、キャラクター化等の危機的状況に対して、妖怪の下位概念として変化(へんげ)、動物怪研究を提言。欧米、中国、韓国、インド等からの参加もあり50名程の妖怪研究者が集った。

Photo

posted by hotta at 07:48 | TrackBack(0) | 講演・学会発表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック