2014年08月01日

芸能と語り

2−101,芸能と語り

2014(平成26),8

子どもの文化第46巻7号子どもの文化研究所

特集「うたと語りと声」第1部「うたと語りと声の力―子どもとうた・語り」の94ページから99ページに執筆。落語のハナス、講談のヨム、浄瑠璃のカタルに始まって、トナウ、ウラナウ、カタドル等、芸能と語りの関係を探り、個から個への伝承でなく、共同化、集合化されて行くことを指摘した。

posted by hotta at 09:52 | TrackBack(0) | 論文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック