2014年09月16日

口演童話研究ノート(24)

2−103,口演童話研究ノート(24)

2014(平成26),9

語りの世界第58号語り手たちの会

「童話研究」誌の童話会消息、童話界時事などと名付けられた欄から主に活動記事をひろい、各地の口演童話運動の動向を知ろうとしている。今回は特集「ふるさとのことばで伝える《語り・わらべうた・あそびうた》」に合わせて、ちょうど『子どもの文化』7+8月号でも特集「うたと語りと声」だったので、口演童話が、昔話やわらべうたの収集にも関心を持っていたことを年表「語り・おはなしの歴史」の作成時に気が付いた事を紹介した。そして日本民俗学と口演童話運動の間には近親憎悪があったのではないかという推測を冒頭に紹介した。

posted by hotta at 16:22 | TrackBack(0) | 論文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック