2014年10月05日

『共同幻想論』を読む−特集を編むにあたって

2−104,『共同幻想論』を読む−特集を編むにあたって

2014(平成26),10

子どもの文化第46巻9号子どもの文化研究所

特集「戦争の現れ方」を編集し、編集意図を書いた。他の執筆者、佐々木高弘「神話・物語の力」、鈴木和正「子どもたちの見た戦争−広島県中島小学校児童文集『めばえ』を読み解く−」、石山幸弘「戦争と詩作」、飯倉義之「娯楽としての戦争・演じられる戦争・物語としての戦争」。現代の人文学の戦争研究の水準を示すものとして企画した。

posted by hotta at 06:37 | TrackBack(0) | 論文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/447449422

この記事へのトラックバック