2014年10月11日

紙芝居捕物帖? 作者たちの埋もれた声を聞く

2−105,紙芝居捕物帖? 作者たちの埋もれた声を聞く

2014(平成26),9

紙芝居文化ネットワーク第45号紙芝居文化推進協議会

阿部克孝作・久保田あつ子画の紙芝居『ひなまつり』をめぐって、紙芝居に関わった人物の経歴や活動は、あまり明らかになっていないことが多いので、機会を逃さず解明し、記録しておくことが大切であることを、捕物帖にたとえて説いている。大阪では戦後、昭和29〜31年に集中的に紙芝居を出版した教画出版があり、『ひなまつり』もそこから刊行されていた。阿部克孝はその教画出版を運動として推進していた人物である。

posted by hotta at 08:30 | TrackBack(0) | 論文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック