2015年05月19日

自主シンポジウム 保育における紙芝居活用の可能性を探る

3−1−20.自主シンポジウム 保育における紙芝居活用の可能性を探る

2015(平成27),5

日本保育学会

名古屋の椙山女学園大学で5月10日に行われた日本保育学会第68回大会の自主シンポジウム15の指定討論者として参加した。他の参加者は、企画・司会・話題提供者として鬢櫛久美子(名古屋柳城短期大学)、企画・指定討論者として奥美佐子(神戸松蔭女学院大学)、話題提供者として相澤京子(鶴川女子短期大学)、野崎真琴(名古屋柳城短期大学)。話題は野崎「保育における紙芝居活用の実態調査研究」、相澤「昭和戦後期の幼稚園における紙芝居の活用」、鬢櫛「手作り紙芝居の教育メディアとしての意義」であった。

posted by hotta at 10:45 | TrackBack(0) | 講演・学会発表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック